10-ごあいさつ・雑記

柴犬のすごい動画を見てしまいました

昨日の記事で、ポチが年々変わってきたことをご報告しました。

そして、柴犬を飼って良かったと思っていることも。

 

 

しかし、先日、ある動画を見て、柴犬に対するイメージが少し変わりました。

見たのは以下の動画です。

 

■【凶暴】噛む柴犬を引き取りました(迎え入れ)
https://www.youtube.com/watch?v=hS0adZDxPTo

 

1カ月も経たないうちに、すでに200万回以上再生されているので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

 

見ていて、本当に緊張しました。

そして、このような柴犬がいることを初めて知りました。

 

この保護施設の方によると、この柴犬は訓練所に入れてさらにひどくなったとか。

そして、訓練所では抑圧されていたのかも、と言っていました。

おそらく、体罰によって無理やり服従させられていたと思われます。

 

動画の続編ではリードをつけられ、落ち着いた様子の柴犬も写っていました。

ちょっとだけホッとしました。

 

■【凶暴犬】噛む柴犬「巧くん」その後・・・ 悪徳繁殖屋の闇⁉︎
https://www.youtube.com/watch?v=7XJDJKiHxaw

 

そして、このトレーナーの見事な対応には本当に感服しました。

 

 

この保護施設には、同様の柴犬が来たことがあり、最近はこのような攻撃的な柴犬の相談も多いといいます。

 

そして、このトレーナーは柴犬はもともと狩猟犬なので、このような本性を持っており、初心者には飼うのが難しいと言っています。

 

■柴犬を飼う前に見て欲しい動画!
https://www.youtube.com/watch?v=i53OXDAJfao

 

柴犬の飼育には覚悟が必要だと警鐘を鳴らしています。

また、豆柴のことや悪質ブリーダーのことにも触れています。

 

可愛いというだけで安易な気持ちで柴犬を買おうと思っている方には、良い警告になっていると思います。

 

 

もちろん、この方が言っていることに対して疑問を抱かれる方もいるかもしれません。

僕も「柴犬の中にはおとなしくて、人懐っこい犬もいっぱいるよ」と声を大にして言いたいです。

 

ポチは、人や犬を噛んだことは一度もありません。

最近では吠えることもなくなりました。

 

「最初から温厚な性格の柴犬だったのでは?」と思われる方もいるかもしれません。

もちろん、その一面もあると思いますが、ポチと小さいころに接し方を間違えていれば、今とは違う性格の犬になっていたかもしれません。

 

ただ、動画を見て、柴犬を飼うこと、さらには犬を飼うことに対しての心構えを再認識させられたことは確かです。

 

 

先天的な要因もあると思いますが、人がどのように犬に接するかによって、犬の性格は大きく変わるのではないでしょうか。

それを信じて、これからもポチと暮らしていきたいと思います。

 


今日のポチ。歯を見せていますが、決して威嚇している訳ではありません


穏やかな表情で僕のことを見ています

今回の換毛期は抜け毛のペースが遅く、まだモフモフ状態です

 

柴犬ブログのランキングに参加しています。
よろしければ下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

インスタグラムも始めました
Insta
柴犬ポチ(@pochishibainu)

コメント

  1. ポンママ より:

    ひげぼうずさんポチ君こんばんは!明日は春の嵐になるとか…少しでもお天気もつといいですね!
    ひげぼうずさんが紹介されていた方の動画見た事あります。真摯に犬と向き合う方と思います。
    色んな柴犬いると私も思います。愛情を持って接していてもどうにもならないこともあります。
    そういう時に相談にのれる方がいれば飼い主さんも救われると思います。ポチ君は性格も良いし
    今迄ひげぼうずさんと信頼関係を上手に築かれて凄いと思います!ポチ君のように幸せな柴犬が
    増えていって欲しいと切に願います。

    • ひげぼうず より:

      ポンママさん、こんばんは。

      そうですね。夕方の散歩もときもかなり風は強かったですが、雨には降られなかったので気持ち良く散歩できました。

      この動画のような柴犬だけでなく、おとなしい柴犬も多いと思います。
      うちの近所の柴犬はみんなとても性格がいいです。

      不幸な柴犬が生まれないことを祈りたいですね。

  2. 茶茶ママ。 より:

     あの柴犬くん、本当に可哀想です。
    初めはそんな子では無かったでしょうに。
    訓練士の方から虐待的な事があったのでしょうね。
    私の周りには柴犬さん達が沢山いますが皆んな穏やかで優しい子達でワンワン吠える子もいません。
    なので「柴犬」はお利口で良い子やね。って犬を飼って無い方達も仰ってますが。
    パパさんが仰る様に接し方だと私も思います。
    常に真からの愛情を持って接すれば。
    自分がされて嫌な事も決してしない。
    ポチくんを見ていても愛情たっぷりに育って来たんだって分かりますもの。

    • ひげぼうず より:

      茶茶ママ。さん、こんばんは。

      おっしゃるように、柴犬はとても賢い犬種だと思います。
      なので、飼い主に忠実なおとなしい犬が多いように思います。

      この動画のような柴犬は、本当に不幸ですね。
      適切な接した方をしていればこのようにはならないと思います。

      愛犬の性格は、やはり飼い主次第で大きく変わると思います。

  3. 匿名 より:

    ポチ君、パパさん、おはようございます
    ポチ君と同じ「ポチパパチャンネル」ですね
    巧君に限った事ではなく、今までもたくさん噛む柴をトレーニングされて、今やすっかり穏やかないい子になってる柴も複数います。
    凶暴だったり噛んだり、問題行動起こす犬、柴に関わらず、その原因は犬がいけないのではなく、人間が原因なんです。ポチパパチャンネルさんは、まだ登録者が三桁の頃からずっと見て、微力ながら時々支援もさせていただいてます。
    なぜ凶暴になるのか、何故噛むのか、今までの環境
    人間からひどい仕打ちされた事‥等々そっちのけで、やれ凶暴、やれ噛む犬、問題犬だと、人間らはあまりにも決めつける人が多いです。
    そのくせ愛玩犬として簡単に柴を飼うが、手に負えないと手放してしまう。柴は人気も高いが人間のいいとばっちり、被害に遭ってる柴もかなり多いです。

    • ひげぼうず より:

      マロママさん(ですよね?)、こんばんは。

      そうですね。犬は全然悪くはないですよね。
      この動画の柴犬は、人間にひどいことをされたきたのではないでしょうか。

      犬は人間の接し方でずいぶんと性格が変わると思います。

      正しいしつけの知識と愛情を持って、犬を飼ってほしいと、この動画を見て思いました。

  4. いわなたろべえ より:

    犬も人間も「相手次第」かもしれないですね。
    私は犬は飼っていませんが、多くの犬を見てきました。
    犬は飼い主に似る、と言いますが、
    利口な犬は飼い主も同じように利口なようです。
    優しそうな犬は飼い主も同じように優しいし、
    少し短気な犬は飼い主も少し短気。
    犬は人間に慣らすように飼われた歴史があります。
    飼い主を通して、その他の人間を観察して行動するようです。
    飼い主と親しい人にはそのように接することが多いですね。
    飼い主が「この人は大丈夫だよ」と言うと、
    犬は落ち着きますね。
    犬に限らず、動物は「相手を観察する」ので、
    ちょっとした感情を読み取るようです。
    馬なんかも「人を馬鹿にする」ことがありますが、
    やはり「接する人間の感情」の影響が大きいのでしょう。
    飼い主には基本忠実ですが、
    「お前を食わしているのは俺だ」的な、心理や感情では、
    犬は徐々にストレスがたまるようです。
    かといって、「対等」でもダメなようです。
    その辺の加減が難しいですね。
    褒める時は褒め、叱るときは叱る。
    ただし、その加減が微妙。
    愛情は大切ですが、「度を越せば」マイナスになるようです。
    飼い主は深い愛情を持ちながら、冷静さがないと
    しつけは難しいでしょう。
    飼い主だからといって「押し付ける」と犬はストレスになる。
    自分のできる範囲で、その犬の本来の姿をどう引き出してあげるか。
    「犬格」を見極めるのは大変ですが、
    その前に、飼い主自身が「自分の性格をよく知る」必要があるでしょう。
    何せ、子供が親に従うしかないのと同じで、
    犬は飼い主あっての自分なのですから。
    ポチ君はまだ人生の半分。
    犬の成長は飼い主の成長。
    飼い主の成長は犬の成長。
    「お互い楽しい人生だなあ」と言えるようなら素晴らしいですね。
    「命」を飼うというのは大変ですが、
    これからもいい人生、犬生を願っています。

    • ひげぼうず より:

      いわなたろべえさん、こんばんは。

      どうもありがとうございます。

      そうですね。犬は人の心を読むといいますよね。
      僕もポチにはいつも観察されているように思います。

      犬を飼うには愛情だけでなく、正しいしつけも重要だと思っています。

      ポチもしつけ方が違っていたら、別の性格の犬になっていたかもしれません。

  5. Hikaru Larimal より:

    こんばんは。

    動画ほぼ全部観ました。

    出会った人が信頼関係を築くことが出来なかったので怖いだけなんですよね・・・。

    散歩してて吠えられることがありますが「ごめん、ごめん」と不安がってる犬に誤っています。

    二つ目のは上の動画の子のその後かな?、人と違って悪意で吠えてるのでないのできちんと看てあげたら可愛く信頼も出来ます。

    しかし柴犬は可愛いと凛々しいが共存してる犬種ですね。

    ポチくんの表情ナイス^^。

    • ひげぼうず より:

      Hikaru Larimalさん、こんばんは。

      やはり犬の性格は、人に寄るものだと思います。

      この噛む柴犬も、きっと今後、性格が変わるのでないでしょうか。

      この動画を見て、正しい接し方、しつけ方が重要だと再認識しました。

  6. Hikaru Larimal より:

    すみません、それと新しいこっちの問い合わせの方が良かったのかな。ブログの花粉の薬に関してコロナが大変なことになってきたので薬つながりで前のブログのメールにメールしました。

    • ひげぼうず より:

      Hikaru Larimalさん、こんにちは。

      メールの件、先ほど気づきました。最近はこちらのメアドはほとんど使っていなもので…。
      申し訳ありませんでした。

      のちほど、新しいメアドから返信します。

  7. マロママ より:

    ポチ君、パパさん、おはようございます✋
    えっ😱😱、名前入力されてなかったんですね
    あまりに記事に感情移入して熱くなってしまい、大変申し訳ございませんでした🙏🙏🙏
    マロママでした😓

  8. ひげぼうず より:

    マロママさん、こんにちは。

    いえいえ全然大丈夫です。

    このような動画を見ると、いろいろな感情が湧き起きてきますよね。

  9. アクシーズ より:

    こんにちは。二回目の投稿です。
    YouTube視聴しました。柴犬飼いとしてはとても心が切なくなる動画でした。
    このトレーナーさん、素晴らしいですね。
    関西弁を話しているのでどこかな?と思い、ポチパパさんを辿ってみたら、ごく近所の施設でした。ああ、あの山の方か・・と驚きました。
    うちの柴犬は幸いにも大人しい家庭犬なのですが、ポチパパさんの「これが本来の柴犬(巧くんのこと)」という言葉にそうなんだろうな、という思いもあります。
    攻撃性がある柴犬が異常なのではなく、温和な柴犬が人の手による交配で作られてきたんだなと思うとなんとも言えない気持ちです。

    ひげぼうずさんのブログ、たまに心にくるお話を展開してくれるので楽しみにしています。
    ポチくん、うちのワンワンより年上さんなのでいつも参考になります。
    毎日更新楽しみにしていますね!

    • ひげぼうず より:

      アクシーズさん、こんにちは。

      どうもありがとうございます。

      柴犬は昔は狩猟犬だったかもしれませんが、今はほとんどが家庭犬として育てられていると思います。

      また、そもそも大昔の犬は人間と親しくなるという、共存する道を自ら選んだといいます。
      そんなDNAを信じたいですね。

      いずれにしても、育てる環境が性格に大きく影響していると、今回の動画を見て改めてそう思いました。

      これからもブログのほう、よろしくお願いします。

  10. […] ●柴犬のすごい動画を見てしまいました 2020.02.21 https://shibainupochi.com/2020/02/21/sugoi-shibainu-doga/ […]