02-しつけ 10-ごあいさつ・雑記

「ポチが死んじゃう」と一瞬頭に…

昨日のブログでは、一昨日に芦花公園ドッグランへ行ったことをご報告しましたが、実はその前に大変なことが起きました。

ポチが家にやってきてから、もっとも衝撃的なことでした。

それはポチの「逸走」です。

一昨日の午後4時前に、ドッグランへ行くために、いつものようにポチを車の後部座席に置いてあるクレートに入れました。

そして、車の外にあった散歩バッグを中へ入れようとしたときです。

ポチが車から飛び出してきました。

クレートの扉がきちんと閉まっていなかったのです。

僕は「ポチ、おいで」とすぐに声をかけたのですが、ポチは小走りに去っていきます。

走って追いかけると逆に逃げてしまうのではないかと思い、僕はポチと少し間を置いて早足で追いかけました。

何度も名前を呼んだり、おやつを見せたりしたのですが、ポチは僕からどんどん離れていきます。

そして、走るスピードもかなり早くなりました。

僕も走ってポチを追いかけました。

走っているのはいつも散歩で通っているコースです。車の通りもあまりない道です。

途中、1メートルくらいまで近づいたので、首輪をつかもうとしたのですが、スルリと僕をかわして走り去っていきました。

ここで嫌な予感が。

ちょっと先の交差点を左に曲がると、「新宿通り」という片側2車線の道路に出ます。

車がひっきりなしに走っている幹線道路です。

嫌な予感が的中してしまい、ポチは左に曲がっていきました。

僕も全速力で走っていきました。

しかし、僕が左に曲がったときは、ポチは新宿通りを渡って反対側にいました。

途中、「あの犬、ひかれちゃうよ」「ワンちゃん危ないよ」という人の声も聞こえました。

僕は全身の血が引く思いがしました。

「ポチが車にひかれる!」「ポチが死んじゃう!」…

いろいろな思いが、わずかな時間の中で頭に浮かびました。

ここで本当にラッキーなことが起きました。

救急車がサイレンを鳴らして近づいてきたのです。

新宿通りを走っている車はスピードを落とし、交差点で停止しました。

救急車も交差点で速度を落としたのですが、そのときにポチは救急車に近づいていき、遠吠えを始めたのです。

パトカーや救急車が近くを通ると、ポチは遠吠えをすることがあるのですが、まさにそのときは救急車に向かって吠えていました。

僕は救急車のそばに走っていき、ポチの首輪をつかみました。

ポチは一瞬、唸ったのですが、何とか捕まえることができました。

その場所は交差点の真ん中です。

僕は無我夢中だったので、車が止まっていることは確認しましたが、信号はまったく見ていませんでした。

今から思うと、ゾっとするようなシチュエーションです。

そして、首輪にリードを付け、車に戻りました。

あとで地図を確認してみると、車から600メートルほどポチは逸走したことになります。

ただ、距離というよりも、交通量が多い都会の道路に飛び出してしまったことに何よりも恐怖を感じました。

救急車が通らなければ、と思っただけでも背筋が凍る思いです。

すべては僕の不注意が招いたことです。完全に僕の責任です。

ポチは何も悪いことはしていません。

いつもクレートの扉のことは気を付けていたのですが、やはり油断があったようです。

それともう1つ。

ドッグランでは「呼び戻し」はほぼ完璧にできます。

しかし、今回は呼び戻しはまったくできませんでした。

ポチはいつもの散歩コースでは、ノーリードになったことはありません。きっと少し興奮していたのだと思います。

どんなシチュエーションでも「オスワリ」ができなければ、それはしつけができたとは言わないという記事が、どこかに書いてあるのを思い出しました。

まさに今回がこれです。

呼び戻しは全然できていなかったのです。

今回は本当に自分が情けなくなりました。

飼い主失格です。

すぐにでもこの事件をブログに書こうとも思いましたが、気持ちの整理に2日かかりました。

当日の夜はなかなか寝付けませんでした。

ポチが逸走したときの光景が何度も頭の中に浮かびました。

何よりも自分の不甲斐なさが、悔しくて、悔しくて…。

ポチは無事で、ケガもなかったので、このようにブログに書けるのですが、もしかしたら最悪の事態になっていたかもしれません。

一番下のソファの写真は、先ほど撮ったものです。

このように僕に甘えてくれているポチの温もりを感じていると、涙が止まりませんでした。

本当に無事で良かったです。

しばらくは今回のことを猛省したいと思います。

2015051001
ポチが逸走した場所とコース。距離にして600メートルほどです

2015051002
逸走した現場を今朝出社する前に撮りました。
角を曲がって僕がここに出たときは、ポチは道路(新宿通り)の向こう側にいました

2015051003
ポチを捕まえた交差点。地下鉄の駅があり、ふだんは車や人が多い場所です

2015051004
昨日の夕方の散歩。昨日は逸走した場所は通りませんでした

2015051005
今夜のポチ。僕の足にあごを乗せ、おとなしくしています

2015051006
首筋を撫でるとウットリとした表情に。
このようにポチと一緒に居られる幸せを、今日は本当に実感しました


犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下のポチの画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

コメント

  1. ミシェル より:

    ひや〜
    常にそんな恐怖心を抱きながら散歩してます。
    呼び戻しのトレーニングもしましたが
    ポチくんのような状況になったら絶対に
    こっちの声なんか聞こえないだろうなと思います。
    恭ちゃんもまだパピーの時、
    代々木公園に向かう歩道で
    リードが外れてしまい追いかけたことがあります。
    まだ知り合っていなかったさくらちゃんを追い抜いて行ったそうです。
    幸いなことに公園まで一直線で、
    入ったところで私が来るのを待っていたようでした。
    すぐには捕まりませんでしたが、
    公園内だったのでまだ安心でした。
    道路で外れてしまったら祈るしかありませんね。
    ホント怖いです!

  2. こたママ より:

    無事とわかっていてもハラハラしながら読みました。
    ポチくんもひげぼうずさんもご無事で本当によかったです。

    小太郎もそんな状況での呼び戻しはまずムリだと思います。
    囲いのあるランの中だからできることです。
    逸走してしまったあの瞬間ってちょっと違うスイッチが入るように思います。
    まだ小太郎はその経験はありませんが、誰の身にも起こりうることですよね。

    多くの読者がいらっしゃるポチくんブログで記事にして頂いたことで
    私も含めてたくさんの方が気を引き締めると思います。
    お辛い経験を記録に残して下さって有難うございました。

  3. ふうたの親 より:

    ぽちくん何もなくてよかったです。
    パパのパニックはすごくわかります。パパは、明日は全身の筋肉痛になるくらい、緊張がはしったと思います。ゆっくり休んで下さいね。

  4. ポチくんが無事で本当に良かったです。
    場面を想像しただけで恐怖で震えます。
    3ヶ月ほど前、私は東京の病院に行く為に早朝に家を出ました。帰宅も遅くなる為、その日はメイは幼稚園に預かってもらう事になり、夫が幼稚園に連れて行こうと車に乗せリードをシートに取り付けた瞬間、暴れて首輪が抜けて近所のお店まで逸走し、お店の広い駐車場内を走り回ったそうです。夫が近づくと逃げるし、首輪もついてないから捕まえられず、夫もかなり焦った様です。15分ほど走り回った後、結局、自分からトコトコ自宅駐車場まで戻ってきたのでなんとか無事でしたが、夫から報告を受けて、私も血の気が引く思いがしました。幸い、早朝でお店が開店前だった為、車は1台もなかったし国道まで出ずに戻ってきてくれたから助かりました。
    東京の交通量の多い道に出て、ポチくんもひげぼうずさんも事故に遭わずに本当に良かったです。
    どんなに気をつけていても何が起こるかわからないので、お互い、より気をつけなければいけませんね。
    追いかけると余計逃げるというのは犬の習性でしょうか?
    それともポチくん、メイは同じ血筋だから似ているのでしょうか?

    メイの健康診断の事をお話ししましたが、その結果を聞いた時「メイちゃんはこのまま病気が進行して死んじゃうのかな」と思ったら何も手につかず気がついたら1週間経っていました。
    まだまだ問題児のメイですが、横にいてくれるだけで幸せです。
    今回、理由は違いますが「死」をよぎる様な出来事があると改めて大きな存在に気付かされますよね。
    ひげぼうずさんも、どうかそんなにご自分を責めないで下さいね。

  5. さち より:

    他人事とは思えない…
    ゾッとする体験をしましたね(涙)ポチ君が無事で良かった!
    家のココちゃんも首輪がスポッと抜けて道路に飛び出し車のボディーに衝突したことがあります…
    旦那が散歩していたときなので、現場を見ていないのですが…
    道を歩いていて犬を追いかけている光景も見かけたことがあります…
    興奮時に制止が出来るレベルって実際かなり難しいと思います…がいざというときの為の練習は毎日の積み重ねですね~頑張ります!

  6. 4柴ママ より:

    こんばんは。いつも楽しく拝見しております。ポチくん無事で何よりです!うちも、同じような事が何度かありましたので、よくわかります。我が家は四匹柴犬を飼っています。その子の性格もあると思いますが、今は外でリードが手から離れてしまっても『待て!』のコマンドですぐ止まれるようにしつけました。呼び戻しよりも『待て!』のコマンドの方が効果があるような気がします。もちろん、絶対に大丈夫と言うことはないので十分気をつけていますが、複数のリードを持っているとたまに一匹のリードが手から離れてしまうことがあります。その時は『待て!』のコマンドで一瞬止まってくれるので急いでリードをつかむようにしています。待てが出来たら大袈裟に誉めています。

  7. あきまま より:

    はじめまして、いつもブログを読ませていただいています。しばわんこ、女の子男の子の母をしています。
    ポチくんが無事家に帰ることができて本当によかったです。はらはらしながら読みました。
    うちも呼び戻しは完全じゃないです。
    クレートの出し入れは心配なので、リードをつけたままです。リードは扉を閉めるまで手首に通したままにして、
    扉をしめたらリードのはじは、扉の外に出したままにしておきます。反対に、扉を開ける時は、まずリードを手首に通してしっかり握ってからわんこをだしてあげてます。
    横断歩道は、信号が青でも「待て」をかけて停止させてから「GO」と声をかけてから道路を渡るようにしています。事故が怖いので、首輪とハーネスを二本のリードで使っています。
    飼い主さんが不安な顔をしているとポチくんも元気がなくなります。今日から笑顔でポチくんとお話ししてあげてくださいね。

  8. ぽんきち より:

    ひげぼうずさん おはようございまず。

    ポチくん無事で良かったですね。
    都内の状況が解るだけに本当に無事で良かった。

    私も高校生だった時に飼っていた子が死んじゃう!と思った事があります。
    夜の公園に単車が入ってきて轢かれそうになりました。
    幸い双方無事で相手は高校生でこっちを凄く心配してくれる今思えば凄く良い子達でした。

    家を出る、ケージから出る、バリケンから出る、門から出るなど全部リード装着のヨシ!でなければダメとしています。

    これは基本的な事なのですが、普段歩いていても仮にこっそりリードを手から放しても犬が自分で戻って来るようにしています。

    リードは嫌な物ではなく私と会話をする物だからです。
    訓練士さんに高校生の時にそう教わってから心がけています。
    リード装着は嫌では無いので、ランで遊ぶは楽しいけどノーリードが楽しいとはなりません。

    リードオフの時は耳でこっちを気に掛けている事を常に確認しています。

    ランや普段の散歩でいつもと違う事をしてフェイントを掛けるようにして色々と試しておくと犬も飼い主に気を配るし、興奮のオンオフを上手くコントロール出来ると良いですね。

    説教臭くなって申し訳ございません。
    ひげぼうずさんが一番解っていますもんね。

    無事で何よりでした。

  9. ろみきち より:

    まずはポチ君が無事で良かった!
    ひげぼうずさんも怪我などなくラッキーでした!

    犬や小さな子供をつれて歩いていれば、誰でもそういうヒヤッとした瞬間は経験するものだと思います。
    例に漏れず、私も先代の柴子で体験しました。
    怖いですよね。
    その時は、ついパニックになってオヤツを出したり名前を呼んで追いかけましたが、今思えば…もしその時、今回のポチ君のように車道の向こうにいたら「呼んだために車道に飛び出して事故にあう」かもしれない。
    そういえば、少し前に高速道路で悲しい事故がありましたね。
    コリー?シェルティでしたっけ…引っ越しの途中で立ち寄ったサービスエリアで逸走したワンコを追いかけたママさんが車にはねられて亡くなり、ワンコもずっと先の高速道路内で轢死しているのが見つかった…と、確かそんな顛末でした。
    そんなコトを考えると、4柴ママさんのコメントに書かれている「待て」のコマンドを徹底させるというのがいいかもしれませんね!

    今回のひげぼうずさんの日記で、うちも心を引き締めて気をつけようと改めて考えさせられました。書いて下さってありがとうございました!

  10. ヒグマ より:

    こんにちは!
    ひげぼうずさんもポチ君も無事で本当に良かったです!
    周りの人にもケガをさせることがなくて本当によかったですね。
    実は私も1回同じようなことをやったことがあります。
    河川敷で散歩してたのですが、クマの糞の処理をしてるときにリードを離してしまったんです。
    そして雪深い中をダッシュで走って向かった先は広い道路で散歩してる他のわんちゃんのところ…。
    幸いいい飼い主さんで、クマを捕まえてくれて、相手のわんちゃんも穏やかだったので喧嘩にもならなかったんですが、
    あと少し運が悪かったらクマが車にひかれたり、相手のわんちゃんもケガさせてたかもしれません。
    もしかしたら、今はひげぼうずさんが散歩がちょっと怖くなってるかもしれませんが、お互い気をつけてお散歩楽しみましょう!

  11. フクスケ より:

    こんにちは。フクスケです。

    ポチくん、無事戻ることができてよっかたねー。
    うちも今年の1月に、わたしの不注意で自宅からフクスケを
    逃してしました[E:sweat01]
    追いかけると嬉しそうに逃げ、その繰り返し・・・しかも夜。
    1時間程経ち、今夜は無理だとあきらめ
    朝を待ちました。
    翌日のしかも昼過ぎにやっと捕獲(笑)しましたが
    本当に生きた心地がしませんでした[E:weep]

    しかも、拾い食いをしたようで下痢をするし[E:happy02]
    ふんだり蹴ったりです。

    都会は車の量も激しいので心配ですね。
    ポチくん、ひげぼうずさんを悲しませないでねー。
    ついでにフクスケも頼むよ 笑

  12. ハルママ より:

    わかります。本当に怖いですよね。ハルも先月逸走しました。車通りのある道路を2往復も……私の不注意で。ポチ君もハルも 何もなくてよかったです。お互い気をつけるしかないですよね。

  13. みんみん より:

    ひげぼうずさま

    ポチちゃんご無事で本当に良かったです。
    自分のことのようにハラハラして読みました。
    私の知り合いでも家から脱走して車に轢かれた事があり…非常に悲しいことです。

    うちはよく帰宅拒否をし、リードを引っ張った際に輪抜けします。その時は飼い主の周りをグルグル楽しそうに走り回ります。
    おやつを見せると帰ってくるので、そこで確保です。
    しかし、ちゃんと呼び戻し出来ないとダメですよね…。
    相性の悪いワンコがいたら喧嘩になること間違いないですから…。

    高速で犬が逃げ、追いかけた飼い主もトラックに轢かれた事故が先日ありましたし、用心するにこしたことはないですね。
    ポチちゃんはまだ若いから好奇心旺盛なんですよ。
    あと、私が言えることじゃないですがひげぼうずさんが「私が主人です」って態度を示しても良いのでは??
    偉そうにすみません。
    私は完全になめられてますけど、ポチちゃんはまだ若いから大丈夫です!

  14. ゴンタママ より:

    ゴンタママです、こんにちは。
    ひげぼうずさんのお気持ち、手に取るようにわかります!私もゴンタが8カ月の頃、散歩途中にリードが切れて、首輪も外れると言う失態を犯してしまいました。田舎ですが、平日夕方の交差点でしたので全方向から車の来る中をゴンタが走り回る状態に…Σ(゚д゚lll)皆さま優しいドライバーで事なきを得ましたが、数日動揺が止まりませんでした。そして、それがキッカケにしつけ教室に通いました。
    ひげぼうずさんとポチ君が無事で本当に何よりです。寛ぐポチ君の顔に癒されました(*^^*)お互いにその温もりを守り続けていきたいですね。

  15. ぽんきち より:

    追記です

    >すべては僕の不注意が招いたことです。完全に僕の責任です。ポチは何も悪いことはしていません。

    と書いてますが少し違うと思います。

    教えて無い事が出来ないは仕方が無いのですが、一応は呼び戻しは教えている訳ですから従わなかった事はポチくんも悪いのです。
    いけない事はいけないと教えないとダメだと思いますよ。

    少しと書いたのは、普段の生活で可愛さからちょっとした事のコマンドの無視などなあなあにしている部分があったのでは無いでしょうか?。

    必殺オヤツは私は微妙だと思います。
    何故なら、戻って来る事が人間へではなくオヤツに興味があって戻るからです。
    必殺ではなく、練習中で人間への興味を惹く小道具として使う分には良いとは思いますよ。

    普段から困るシチュエーションをわざと作り、ダメだと教える機会をつくって普段から反復練習は必要だと思います。

    ひげぼうずさんも書いていますが、必要な時に役に立たないコマンドは無駄ですから。

    なんて偉そうに書いてますが、歳を取って甘える事に変化の出てきた家の子の対応に悶々中です(笑)。

  16. 福岡虎鉄 より:

    無事でなによりです。
    私は5月3日に中国自動車道で横転事故をおこし
    一緒にいた柴犬のじゃくみが飛び出してしまい
    いまだに行方がわかりません・・・

    私のような人もいるので元気だして下さい。
    ポチ君守ってあげてくださいね
    九州の地より楽しく拝見しております。

  17. 柴犬ママ より:

    ポチ君、無事で本当に良かったです。
    交通量の多い新宿でそんなことになったら私もパニックになりそうです。
    先日、お友達のお子様にリードを持たせ柴犬がちょっと小走りになった時、手からリードが離れヒヤッとした事がありました。その時は少し離れただけですぐにリードを掴みましたが、ダッシュしてたらと思うとゾッとします。
    ひげぼうずさんのお気持ちお察しします。
    皆様のコメントを読んで勉強になりました。『待て』は大事なコマンドですね。
    改めてこのコマンドをいろいろな場面で使おうと思いました。
    ポチ君もひげぼうずさんもお怪我がなくて本当に良かったです。

  18. たま より:

    それはびっくりされましたね。
    私も先日手が滑ってリードを離してしまい、駐車場で10mくらいの距離を逃げてしまい、とてもヒヤッとしたので他人事ではないと思いました。
    でもうちの子はちょっとあんぽんたんなので、リードが離れてないと思って私が来るのを待ってくれたので無事でしたー。
    ポチくんも怪我もなくて、結果的に他の人にも迷惑がかからなかったので不幸中の幸いでしたね。
    でもひげぼうずさんみたいに責任感ある飼い主さんでも時には失敗があるのですね。
    みんなひとつずつ学んでいくのですから、どうか気を落とされずに。
    うちはランでも呼び戻しができないし、だめだめです。
    ポチくんもお外だと興奮しちゃうんですね。
    私も気を引き締めたいと思います。

  19. ゴロ より:

    ひげぼうずさん

    ポチ君、無事で本当に良かったですね。

    うちの実家の柴男(8ヶ月)吾郎も今までに4回ほど脱走未遂を起こしています。一度は2車線道路を渡ってしまい、コンビニから出てきた見ず知らずのお兄さんに取り押さえてもらうという事件もあったようです。もちろん、呼び戻しはできませんので、脱走を未然に防ぐことに力を入れています。

    しかし、大都会の真ん中での逸走には、肝を冷やされたことと思います。ひげ坊主さんもあまり自分を責めないでください。おたがいに再発防止に頑張りましょう。

  20. Hikaru Larimal より:

    読んでて思ったのですがペットに限らず、緊急の時に回りに異常を知らせることの出来るものとか持っていたほうがいいのかなと思いました。

    大切なペット=家族ですからどうしようもない時に周囲にいる人の注意をひいて助けてもらうのはしかたないことですし。

    (ポチくんへ)
    飛び出し注意ですぞ~><。
    車には気をつけてくだしゃい!!。

  21. hanahana より:

    ひげぼうずさん、

    初めまして。
    ドッグランの情報を検索していて、ひげぼうずさんのブログに出会い、それ以降ずっと読ませて頂いています。

    今回は心臓が縮こまるほど怖い思いをされましたね。
    私もいつもそういうシチュエーションを想像しがちで、
    ポチちゃんに何事もなく、
    そしてひげぼうずさんにも何事もなく
    本当に本当に良かったです!!!
    ちょっと涙が出ました。

    私も今一度、気を付けたいと思います。
    ひげぼうずさんもどうか元気出して下さい。

    呼び戻しって難しいですよね。
    うちもラン内だと随分できるようになっているのですが
    外で試す方法ってなかなかないですし・・・

  22. 浩之輔 より:

    こんばんは。

    ごめんなさい、死んじゃう、なんて…読みながら涙がでそうになりました。
    ほんとに無事でよかったです。
    ひげぼうずさんの気持ちがほんとにほんとに伝わってきました。
    不安だったですよね、辛かったですよね。

    あぁ…ホントに良かったです。
    いきなりコントロール出来なくなる怖さ、よく学べました。
    うちは基本的に怖がりなのでもしそういう時に花火の音なんかがしたら…逃げ出すと思います。考えただけでも、胸が苦しくなりますね。。。

  23. みかん母 より:

    うわ! びっくりしました。ポチくんもひげぼうずさんも無事でよかったですーーー
    みかんも脱走したとき田舎とはいえ、ちょっと先は交通量のあるところだったので心臓が止まりそうでした
    ほんとによかったですね (;´∀`) 反省は大事だけどあんまり落ち込まないでくださいね~

  24. はじめまして。
    代々木公園のドッグランのことを調べていて、こちらのブログに辿り着き、参考にさせていただきました、キャバリアを飼っている者です。

    我が家も一度、公園の中でですが、リードが手をすり抜けて走っていってしまったことがあり、本当に肝が冷えました。
    この記事を読んでいて、他人事ではなく、そのときのことを思い出して胸がザワザワしました。

    いつもは呼んだら来るのに、その時はやはり来なかった…。
    それは「しつけができていないということ」身にしみます。

    とにかく、ご無事で良かったですね!

  25. ひげぼうず より:

    ミシェルさん、こんばんは。

    恭ちゃんも無事で良かったです。

    愛犬が自分からどんどん離れていくのは、本当に怖いですね。

    やはり飼い主が気を付けていないといけませんよね。

  26. ひげぼうず より:

    こたママさん、こんばんは。

    そうですね。まさにスイッチが入ったような感じでした。

    こんな思いは2度としたくないので、今後も気を引き締めて
    いきたいと思います。

  27. ひげぼうず より:

    ふうたの親さん、こんばんは。

    どうもありがとうございます。

    筋肉痛にはなりませんでしたが、この日は暑かったでの汗びっしょり
    になりました。

    その日は風呂にゆっくり浸かって疲れを取りました。

  28. ひげぼうず より:

    メイちゃんママさん、こんばんは。

    メイちゃんにそんなことがあったのですね。

    今回のことは、2度と思い出したくないくらいの怖い出来事でしたが、
    同時に飼い主がしっかりとしないといけないと、肝に銘じました。

    旅行などでリードにしたことはあるのですが、そのときは逃げようとは
    しなかったです。けど、やはり状況が違うと今回のようなことに
    なるんだと、改めて気を引き締め直しました。

    「横にいてくれるだけで幸せです」という心境、僕もよく分かります。

  29. ひげぼうず より:

    さちさん、こんばんは。

    どうもありがとうございます。

    確かにかなり難しいことだと思いますが、きちんとできるように
    しつけることが、愛犬の幸せにつながることだと、今回のことで
    思い知りました。

  30. ひげぼうず より:

    4柴ママさん、こんばんは。

    なるほど「待て」のほうが、確かに効果がありそうですね。

    うちは横断歩道で止まるときに「トマレ」のコマンドを出すように
    しています。

    今後はそれをもっと確実なものにしようと思いました。

    アドバイス、どうもありがとうございました。

  31. ひげぼうず より:

    あきままさん、はじめまして。

    どうもありがとうございます。

    そうですね、できるだけ慎重に行うことが大切ですよね。参考に
    させていただきます。

    ポチは何事もなかったかのように笑顔を見せるので、僕も自然に
    笑顔になります。本当に無事で良かったです。

  32. ひげぼうず より:

    ぽんきちさん、こんばんは。

    どうもありがとうございます。

    お書きになっていること、参考にさせていただきます。

    どこまでできるか分かりませんが、今回のことではしつけのことも
    いろいろと考えました。

    やはり飼い主がしっかりとしていなくはいけませんね。

  33. ひげぼうず より:

    ろみきちさん、こんばんは。

    どうもありがとうございます。

    そうですね。僕もその高速道路の事故のことが頭をよぎりました。
    なので落ち着かなければいけないと思いながらも、いざそんな状況に
    なると難しいものだと今回感じました。

    うちはトレーナーのアドバイスで「止まれ」というコマンドを使って
    いるのですが、今後はそれを徹底させようと思います。

  34. ひげぼうず より:

    ヒグマさん、こんばんは。

    クマちゃんもときも無事で良かったですね。

    うちは今回は本当にラッキーでした。

    おっしゃる通り、翌日は散歩をするのもすごく慎重でした。

    でも、慎重過ぎるくらいがいいのかもしれません。今回は自分の
    油断が引き起こしたものですから。

  35. ひげぼうず より:

    フクスケさん、こんばんは。

    フクスケちゃんも無事に戻ってきて良かったです。

    やはり車が一番怖いですね。車にひかれた犬の話もいっぱい
    聞かされていたので。

    本当に生きた心地がしませんでした。もう2度とこのような
    経験はしたくないですね。

  36. ひげぼうず より:

    ハルママさん、こんばんは。

    車通りのある道路を2往復も…。無事で良かったです。

    やはり飼い主がしっかりと気を付けなければいけませんね。

  37. ひげぼうず より:

    みんみんさん、こんばんは。

    どうもありがとうございます。

    そうですね。ふだんから散歩へ出ると、好奇心が旺盛になるようで、
    あちらこちらへ行きたがります。

    確かに、僕の威厳がないからかもしれませんね。しつけのほうを
    もっと頑張りたいと思います。

  38. ひげぼうず より:

    ゴンタママさん、こんばんは。

    コンタちゃんも、そんな怖い状況を体験しているのですね。

    飼い主は本当に生きた心地がしませんよね。

    無事に確保できたときは、本当にホッとしました。そして、ポチの
    笑顔に癒されました。

  39. ひげぼうず より:

    ぽんきちさん、こんばんは。

    おっしゃる通りです。

    しつけに対する姿勢を、考え直そうと思います。

  40. ひげぼうず より:

    福岡虎鉄さん、こんばんは。

    そんなことが最近あったのですね。

    それに比べると、今回のポチのことは大したことはないですね。
    無事でしたし。

    福岡虎鉄さんのほうこそ、元気を出してください。

  41. ひげぼうず より:

    柴犬ママさん、こんばんは。

    どうもありがとうございます。

    犬の行動って、本当に分からないときがありますよね。今回も僕には
    予期できないことでした。

    コマンドは確かに重要ですよね。僕も今後徹底しようと思います。

  42. ひげぼうず より:

    たまさん、こんばんは。

    あんぽんたんではなく、とても良い子ですよ。うちはリードが外れると
    本当に自由奔放になってしまいます。

    飼い主がしっかりとしていないといけないと、今回は痛感しました。

    まだまだ学ぶことが多いですね。

  43. ひげぼうず より:

    ゴロさん、こんばんは。

    レスが遅くなってしまい申し訳ありません。

    どうもありがとうございます。

    あの逸走から1週間以上経ちましたが、またそのときの恐怖は鮮明に
    覚えています。

    4回も脱走事件を起こしたとのこと。無事で本当に良かったです。

    今後はお互いに気を付けましょう。

  44. ひげぼうず より:

    Hikaru Larimalさん、こんばんは。

    レスが大変遅くなってしまい申し訳ありません。

    そうですね。子どもが持っているような大きな音がでるアラームの
    ようなものを持っていたほうがいいかもしれません。

    捕まえたときのポチの表情は、とても無邪気でした。

    危険だったとはまったく感じていなかったようです。憎めないですね。

  45. ひげぼうず より:

    hanahanaさん、はじめまして。

    レスが大変遅くなってしまい申し訳ありません。

    もう1週間以上経っているのに、まだあのときの恐怖が頭の片隅から
    消えることができません。

    やはり飼い主が気を付けるしかないですよね。

    おっしゃる通り、ドッグラン以外で呼び戻しの練習をするのは難しい
    ですよね。

    良い方法があればいいのですが。

  46. ひげぼうず より:

    浩之輔さん、こんばんは。

    レスが遅くなってしまい申し訳ありません。

    どうもありがとうございます。

    本当に、あのときは一瞬、死を覚悟しました。今でもあの光景が
    鮮明に思い出すことができます。

    やはり逃げ出さないように、細心の注意するしかないですね。

    飼い主の責任が大きいことも、改めて実感しました。

  47. ひげぼうず より:

    みかん母さん、こんばんは。

    どうもありがとうございます。

    あのときは本当に生きた心地がしませんでした。

    現在はふだんの生活に戻っていますが、車に乗せるときも以前よりも
    慎重に行っています。

  48. ひげぼうず より:

    ゆーゆーさん、はじめまして。

    レスが遅くなってしまい申し訳ありません。

    どうもありがとうございます。今回はラッキーだったと思います。

    しつけは本当に難しいと、今回痛感しました。

    けど、2度とこのようなことが起きないように、地道にがんばりたいと
    思います。